ふくちゃんのtokotoko北京

北京に2度目の上陸。ゆっくりとした時間が流れる北京での日記を綴っていきます。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

教会と餃子

以前の日記でもチラッと書きましたが、故宮にカルティエ展を見に行った日のランチは
私が半年前から行きたかったお店でした!
なんという偶然!!

Rさんには幾度となく、「王府井に行きたい餃子屋さんがあるんです~」って
言ってたので、「よかったねぇ~」って言われました。エヘ

某人(複数)のブログで見てから行きたかった餃子屋さん。
手帳にもシッカリ場所と店名を記載しているにもかかわらず、どうやら
店&店周辺がローカルすぎてはっきりした場所が確定できない・・・。
お友達を誘う場合、不確かな場所に誘うのはちょっと気が引ける。
かといって、こぶが一緒に行って探してくれるハズもなく。
気がつけば半年過ぎてましたw

待ち合わせは王府井の教会前。
「東堂」という名前がついています。
聞いた話では、この教会はカトリックだということですが、私は無宗派なので
その辺のことはあまり興味がないというか、わからないというか・・・。
とにかく立派な建物で、ここだけ中国ではないような雰囲気です。
王府井の目抜き通り沿いにいきなりあるので、数年前に初めて見た時はビックリしました。
DSCF0765.jpg
DSCF0763.jpg


さてさて、お目当ての餃子屋さんですが、提案してくれたMさんも
場所がいまいちハッキリしないということでウロウロしました。
みんなでウロウロすると怖くな~い♪w

手帳にお店の名前書いてるけどピンイン(発音)がわからず・・・。
まったくもって意味ナッシングである。

場所は「ノボテル(ホテル)の裏側」って書いてあるので、それを大まかな
目安にして歩いてるんだけど、ここの一角ってローカルなのね~。
王府井が観光客用に開発されるまでは、こういう町並みがずっとあったんだろうな・・・。

そしてウロつくこと15分(くらい?)。お店に到着~。
ブログで見た外観と同じだし、間違いない!!

DSCF0770.jpg

ドアをくぐると、中庭になっています。
DSCF0776.jpg

季候がよければここで食べるんだけど、あいにくお天気がよすぎて暑い・・・。
黄色い服のお姉ちゃんの後ろにある入り口から更に店内へ。

観光客や外人はおらず、ローカルな人たちがいっぱい。
「おいしいにちがいない!」私のセンサーがそう訴えてましたw

もうすっかりウロ覚えなんだけど、確か餃子2両で6~8個で16元前後だった気が・・・。
3種類の餃子と餃子以外の料理も注文しました♪
4人いると色々注文できて嬉しい~~!


こちらは私もよく作ります。
セロリと腐竹の涼菜
「腐った竹ぇぇ~?」と思うかも知れないけど、違いますw
日本では見かけた事無いけど、いわゆる乾燥湯葉です。
歯ごたえがいいので、結構何にでも使えますよ~。
乾燥してるので戻すのに時間かかるけどね。
DSCF0771.jpg


きゅうり・きくらげ・豚肉・卵の炒め物
こちらもスタンダード!
きゅうりを炒めるっていう発想が日本にはないよねぇ~。
DSCF0772.jpg


そしてお待ちかねの餃子!!
お酢と醤油を混ぜて、いただきま~~~す。
DSCF0774.jpg


中はこんな感じ。
あ、ちなみに何度も言いますが、中国で「餃子」と言ったらこのような
茹でた状態のものをさしますので、間違っても「焼き餃子じゃない!」と
怒らないようにw
DSCF0775.jpg



味付けは、かなり塩気が効いてて喉が渇きますが、私は塩辛いのが好きなので
平気でした~。
友達も特に「辛い!」とは言ってなかったので、許容範囲なんでしょう。

安いし、服務員の態度もいいし、言うことなし!
リピ決定~。
日本人の間で有名な麦子店のお店よりも断然こっちのお店の方がおいしいと
思うな~私は。
まぁ家から遠いし、なかなか一人でフラッと行けないけどねw


また気候がよくなったら中庭でワイワイ言いながら餃子を食べたい、そんなお店でした♪
スポンサーサイト
  • [No Tag]

*Comment

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。